介護担当

在宅
×
訪問看護

​訪問看護とは

illust4617.png

訪問看護とは、ご自宅に看護師がお伺いし、状態観察はもちろん必要な医療ケアや処置、また辛い思いを傾聴させていただくなど、その方に必要な看護を提供するサービスとなります。
対象となるご本人のみならず、介護されているご家族の健康状態や介護状況も含めてアセスメントし、主治医等と連携して訪問看護サービスを提供していきます。
介護負担軽減へ目を向けたサポートやアドバイスはもちろん、点滴や経管栄養、人工肛門の管理なども行います。酸素吸入が必要な方の看護や医療機器の管理(人工呼吸器など)もあわせて行うことが可能です。

​サービス内容

illust4604.png

そらいろ では、様々な症状の方に必要な訪問看護サービスを提供しています。
病気や障害を持った人が、自宅でその人らしく過ごせるようにケアを提供する事、これが そらいろの訪問看護サービスです。
医師の指示のもと、看護師がご自宅を訪問し、病状に合わせて適切な医療ケア・看護を実践していきます。利用者様が安心して在宅療養できるようサポートしていくことが私たちのお仕事です。

​状態の観察、病状の把握

体温、血圧、酸素飽和度などの測定
呼吸状態、病状悪化の有無の確認
辛い出来事などなかったか

医師の指示による医療的ケア

吸入、吸引
人工呼吸器、在宅酸素療法
床ずれの処置、予防のアドバイス
人工肛門の管理、指導
インスリン注射、指導
経管栄養、点滴

内服管理、与薬、アドバイス

内服薬のセッティング、副作用の有無の確認
怠薬の有無、過度の受診行動の有無の
確認・アドバイス
排便コントロール(下剤、浣腸)

精神症状のケア、認知症ケア

状態把握、内服管理
家族への関わり方などの指導
認知行動療法
日常生活自立の支援
活動性の支援、生活リズム再構築

保清(清拭、シャワー浴)援助

状態に合わせた清潔保持への支援
手浴、足浴、洗髪
皮膚状態の観察、軟膏塗布
口腔ケア

ターミナルケア

症状緩和のための援助
痛みのコントロール
精神的支援
看取り体制の相談、アドバイス

​​ご利用の流れ

illust4624.png

訪問看護の対象となる方

① 病気や障がいのために、療養生活の支援を必要とする方

② かかりつけの医師が訪問看護の必要を認めた方

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合も、かかりつけ医師の「訪問看護指示書」が必要となります。

ご利用を希望する際には、かかりつけの医師にご相談ください。

illust4618.png

​介護保険を利用する場合

要支援、要介護認定が前提です。

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し、居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

​お申込み方法

訪問看護のご利用をお考えになったらかかりつけの医師・担当ケアマネージャーもしくはそらいろ訪問看護ステーションまでご相談下さい。

※医療保険を利用するか、介護保険を利用するかで少し流れが変わりますのでご注意ください。

illust4606.png

​フローチャート

利用フロー.jpg

​医療保険を利用する場合

​西淀川区・此花区・福島区・尼崎市

​訪問看護ステーション そら彩

TEL 06-6300-7897 FAX 06-4862-4390

営業時間 / 月~金 8:30~17:30

〒555-0031 大阪市西淀川区出来島2丁目4番7号